脳幹出血は危険な病気..

生存率や意識回復にかかる期間は?

脳幹出血患者の実際についてご紹介します。


スポンサーリンク


脳幹出血は危険な病気

脳幹の特徴を以下に記します。

  • 運動神経や感覚神経の線維の束が集中している。
  • 脳神経核(ここから脳神経が出る)が集中している。
  • 脳幹網様体(意識水準の調節や生命維持などの機能を持っている)
  • 自律神経反射の中枢(呼吸・循環・対光反射・嚥下・嘔吐など生命維持に不可欠な内臓機能の中枢)

こちらの記事も参考に
▶︎ 脳幹出血の原因と症状は?前兆症状をチェックして再発を予防

とにかく、
脳幹は生命維持に重要な機能をたくさん担っているため、脳幹出血は脳出血の中でもかなり危険な病気と言われています。


スポンサーリンク

生存率は?

脳幹出血自体は脳内出血の中でも稀な出血です。
(脳内出血全体の10%程度)

ですが、
生存率は一般的に20〜30%と言われおり、一命をとりとめたとしても強い意識障害が残存するケースが多く予後不良です。

橋出血

上図は脳幹出血の中でも1番頻度が多い橋出血の画像になります。

橋の中心部に広範な血腫を認めています。これぐらい血腫が大きいと数時間〜数日で死亡するケースがほとんどです。広範な橋出血は極めて予後不良なのです。

やはり
生存率は血腫の大きさに左右されます。
▶︎ 脳出血の生存率は?予後を左右するのは血腫の大きさ

 

意識回復にかかる期間は?

これは患者の状態によって様々です。

何とか生存したとしても、厳密にどれぐらいの期間で意識が回復するのかそもそも意識が回復するかどうか担当医師でも分からない神のみぞ知る領域です。
▶︎【脳出血で意識不明】手術で意識が回復する可能性は?余命は?

ただ、
下記の要因の影響を強く受けることは間違いありません。

  • 発症時の意識レベル
  • 脳幹内の出血量とその部位
  • 年齢
  • 全身状態

少しでも早い意識回復を願うばかりです。

以上、参考になれば幸いです。

でわ。

生の闘病体験記を読みたい方は必見
▶︎脳幹出血と脳梗塞の後遺症を克服した上西のブログ

気になる再生医療のお話はこちら
▶︎【再生医療で回復】脳梗塞後遺症の片麻痺は治る?脳出血は?
▶︎
脳出血後遺症の再生医療はどうなる?麻痺を回復させるには?

後遺症のしびれでお悩みの方はこちらの記事もどうぞ。
▶︎ 脳出血後遺症のしびれは治る?原因は?リハビリの治療効果は?
▶︎ 脳出血後遺症のしびれは厄介!薬が効かないときの対処法は?
▶︎【必見】脳出血後遺症のしびれに漢方薬が効くって本当?