気をつけて!

脳出血は再発しやすい!?

再発率や再発の原因と症状についてご紹介します。


スポンサーリンク


脳出血の再発率は?

脳卒中の累積再発率

1年 5年 10年
脳梗塞 10% 34% 50%
脳出血 25% 35% 55%
くも膜下出血 32% 55% 70%

脳出血は発症後4人に1人が1年以内に再出血していることになります。

けっこうな確率ですよね。
脳梗塞やくも膜下出血も同様に、脳卒中自体が再発率の高い病気であることがわかります。

 

再出血の原因は?

脳出血の1番の原因は高血圧
(脳出血の6割以上は高血圧性のものになります)

そして再出血の原因も高血圧なのです。

発症後の血圧コントロールがうまくいかないと再出血してしまいます。
既に脳出血を起こしている人は、
動脈硬化が進行しており血管が脆く出血しやすい状態
となっているからです。

血圧を下げる治療をしっかり行えば、
再発を50%減らすことができます。

ちなみに、
脳梗塞の場合でも降圧治療によって再発を25%減らすことができます。

 


スポンサーリンク

 

再出血時の症状は?

基本的には1回目の脳出血と同様の症状が現れます。
▶︎ 脳出血の好発部位と後遺症について

ただ、
1回目よりも後遺症の程度は重くなることが多いです。

再出血した際の特徴は以下の通り。

  • 意識障害の悪化
  • 死亡する可能性が高い
  • 麻痺の増悪(場合によっては両麻痺になることも)

再出血の前兆症状に関してはこちらの記事を参考に。
▶︎ 脳出血の前兆症状とは?

 

再出血を予防するには?

前述した通り、
血圧管理により高血圧を改善することが最重要となります。

基本的に高血圧は降圧剤を内服することでコントロールします。
薬を飲み忘れないようにしましょう。

薬と合わせて生活習慣の改善も重要となります。
適度な運動塩分制限を心がけましょう。
▶︎ 7つの手軽にできる塩分制限で高血圧対策
▶︎ 継続できる手軽な有酸素運動で高血圧対策

脳出血の再発は死亡リスクも高く、麻痺も増悪するケースが多いため、

絶対に予防しないといけません。

 

以上、参考になれば幸いです。

でわ。