脳梗塞や脳出血になったら..

広島でオススメの

回復期リハビリ病院はどこ?


スポンサーリンク


◯◯でリハビリするならどこの病院が良いの?
(◯◯:地域の名前)

当サイト宛のメールでよく聞かれる質問です。

 

やはり

 

質の高いリハビリを受けたいのなら、回復期リハビリテーション病院に入院するべきです。

回復期リハビリ病院では量も質も充実したリハビリを受けることができます。

▶︎ 回復期病院に転院できる条件とは?
▶︎ より良い回復期病院を選ぶポイントとは?

 


スポンサーリンク

 

全国には1000以上の回復期リハビリ病院があり、病床数は77000床を超えています。(H28年3月時点)

周辺に回復期病院の候補がいくつもある場合、どのようにして選んだらいいのか悩みますよね。

 

そこで、今回は

広島県でオススメの回復期リハビリテーション病院

をピックアップしてみました。

 

西広島リハビリテーション病院

住所:広島市佐伯区三宅6-265

病床数:139床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均8.5単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:4名

リハビリスタッフ:112名

年間患者数:全体の約6割が脳卒中患者

在宅復帰率:約70%

平均在院日数:約96日

  • 県内一の病床数、リハスタッフ数、リハ専門医数を誇る。病棟スタッフの配置も多く、マンパワーは非常に充実している。1日のリハビリ実施時間も多い。
  • 入院時に患者の自宅を訪問し、生活空間を把握して具体的な退院後の目標設定を行うようにしている。退院後も自宅へ訪問したり、電話やアンケートでヒアリングを行うなど、フォローアップにも力を入れている。
  • 磁気刺激治療「Neuro-15」、歩行支援ロボット「Honda歩行アシスト」、MicrosoftKINECTを利用した関節可動域測定装置、近赤外光「SMARTNIRS」、外来でのボツリヌス治療など、先進的な治療方法やツールを導入している。
  • 体重免荷装置やトレッドミルを用いて重度麻痺患者でも早期に歩行練習を行っている。また屋外歩行練習に加え、電車やバスの利用や買い物演習なども行っている。
  • 脳卒中患者を対象に神経学的音楽療法を行い、覚醒や認知、注意機能の向上、リラクゼーションを図っている。

病院公式ホームページはコチラ

 

福山リハビリテーション病院

住所:福山市明神町2-15-41

病床数:116床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.7単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:1名

リハビリスタッフ:66.7名

在宅復帰率:約60%

平均在院日数:約100日

病院公式ホームページはコチラ

 

広島市立リハビリテーション病院

住所:広島市安佐南区伴南1丁目39-1

病床数:100床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.5単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:4名

リハビリスタッフ:77名

年間患者数:全体の約半数が脳卒中患者

在宅復帰率:約82%

平均在院日数:約90日

  • 脳卒中リハに関する著書を手がけている療法士が多数在籍。より専門性の高い脳卒中リハを受けることができる。
  • 広大な敷地を利用した1周700mの屋外リハビリコースがあり、土・アスファルト・タイルの道、傾斜の異なる3つの訓練用階段やスロープなど、様々な条件で歩行訓練が可能だ。コースの中には休憩用のベンチも随所に設置されている。
  • 運動麻痺への介入としてPASシステムNESSなどの電気刺激装置を用いた機能訓練も積極的に行っている。
  • 重度麻痺患者でも早期に立位・歩行が可能となるように様々な種類の長下肢装具や免荷式リフトPOPO®を導入している。
  • ドライビングシミュレーターによる運転技能の評価も行っており、運転再開を支援している。
  • 50床あたりに計17箇所のトイレが設置されている。

病院公式ホームページはコチラ

 

アマノリハビリテーション病院

住所:廿日市市陽光台5-9

病床数:91床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均5.5単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:1名

リハビリスタッフ:67名

在宅復帰率:約72%

  • 無重力トレッドミル(AlterG)などのロボットを用いた歩行練習も充実している。
  • 入院された当日に担当スタッフで合同評価を行い、早急に統一されたケアを提供できるように務めている。
  • 人工呼吸器を装着している患者など外出に医師・看護師の同伴が必要な場合は、チームで最大限のサポートをして可能な限り外出できるよう努めている。
  • HANDS療法に基づいた上肢の運動麻痺へのアプローチも行っている。

HANDS療法(HANDS:Hybrid Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation)は「随意運動介助型電気刺激装置」という装置を用いて電気刺激を与えることで麻痺した手の運動を促進する療法で、脳卒中の症状として見られる手の麻痺などに対して行われる。

病院公式ホームページはコチラ

 

公立みつぎ総合病院

住所:尾道市御調町市124

病床数:60床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.3単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション科医師:5名

リハビリスタッフ:87名(一般病棟スタッフも含む)

年間患者数:全体の約半数が脳卒中患者

在宅復帰率:約80%

平均在院日数:約90日

法人内に外来リハや通所リハ、訪問リハを併設しており退院後のフォローアップも充実している。

病院公式ホームページはコチラ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には西広島リハビリテーション病院がオススメです。リハビリスタッフやリハ医師、病棟スタッフの数が多く、マンパワーは充実しており1日のリハビリ時間も圧倒的に多いです。最新機器を用いた脳卒中リハビリを受けることができます。神経学的音楽療法と従来のリハビリテーションのコラボレーションも非常に魅力的です。

他にもオススメの最新情報が入り次第、どんどん更新していきたいと思います!

お見逃しなく。