脳梗塞や脳出血になったら..

札幌でオススメの

回復期リハビリ病院はどこ?


スポンサーリンク


◯◯でリハビリするならどこの病院が良いの?
(◯◯:地域の名前)

当サイト宛のメールでよく聞かれる質問です。

やはり

質の高いリハビリを受けたいのなら、回復期リハビリテーション病院に入院するべきです。

回復期リハビリ病院では量も質も充実したリハビリを受けることができます。

▶︎ 回復期病院に転院できる条件とは?
▶︎ 
より良い回復期病院を選ぶポイントとは?

 


スポンサーリンク

 

全国には1000以上の回復期リハビリ病院があり、病床数は7万床を超えています。(H27年3月時点)

周辺に回復期病院の候補がいくつもある場合、どのようにして選んだらいいのか悩みますよね。

 

そこで、今回は

北海道内および札幌市オススメの回復期リハビリテーション病院

をピックアップしてみました。

 

札幌西円山病院

札幌西円山病院

住所:札幌市中央区円山西町4-7-25

病床数:87床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:7.3単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:6名

リハビリスタッフ:回復期50名(病院全体では計181名

北海道で最も早く回復期リハビリテーション病棟を開設した病院。法人内に通所リハ、訪問リハがあり退院後も円滑にリハビリを継続出来るよう支援している。訪問リハのエリアも札幌市内全域と広い。訪問リハでは理学療法士や作業療法士だけでなく、言語聴覚士による訪問も行っている。

病院公式ホームページはコチラ

 

花川病院

花川病院

住所:石狩市花川南7条5-2

病床数:120床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:約7.6単位(1 単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:4名

リハビリスタッフ:107名

在宅復帰率:80%

2008年に60床から120床へ増床し、リハスタッフも97名にまで増員している。充実した機能訓練室、入浴・排泄・調理・居間での生活を想定した訓練ができるスペースも用意し、「生活密着型」のリハビリテーションを提供している。

病院公式ホームページはコチラ

 

イムス札幌内科リハビリテーション病院

イムス札幌内科リハビリテーション病院

住所:札幌市手稲区手稲金山124

病床数:80床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

リハビリテーション専門医:3名

リハビリスタッフ:72名

病床数の割にリハスタッフの数が多く、学会発表も定期的に行うなど研究活動も盛ん。リハスタッフの中には有資格者も多く、専門性を高めようと意識の高いものが揃っている。回復期だけでなく法人内で訪問リハや外来リハも行っている。皮膚からの電気刺激により筋肉をコントロールする「装着型表面電極刺激装置(NESS-H200)」をリハビリに用いており、麻痺側上肢の積極的な機能訓練を行っている。

病院公式ホームページはコチラ

 

北斗病院十勝リハビリテーションセンター

北斗病院十勝リハビリテーションセンター

住所:帯広市稲田町基線2-1

病床数:150床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

リハビリテーション専門医:6名

リハビリスタッフ:124名

リハスタッフ数の技術・人材数ともに十勝のリハビリテーションをリードしている病院。十勝地方唯一のリハビリテーション専門医が勤務する病院でもある。法人内に通所リハ、訪問リハも併設している。三次元動作解析装置、電気刺激装置、近赤外光脳機能イメージング装置など最新の診断・治療機器を有し、研究・臨床へ応用している。

病院公式ホームページはコチラ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

北海道には50もの回復期リハビリ病院が存在します。ここに挙げた病院以外にも良い病院はきっとあるはずです。

オススメの最新情報が入り次第、どんどん更新していきたいと思います!

お見逃しなく。