脳梗塞や脳出血になったら..

岡山でオススメの

回復期リハビリ病院はどこ?


スポンサーリンク


◯◯でリハビリするならどこの病院が良いの?
(◯◯:地域の名前)

当サイト宛のメールでよく聞かれる質問です。

 

やはり

 

質の高いリハビリを受けたいのなら、回復期リハビリテーション病院に入院するべきです。

回復期リハビリ病院では量も質も充実したリハビリを受けることができます。

▶︎ 回復期病院に転院できる条件とは?
▶︎ より良い回復期病院を選ぶポイントとは?

 


スポンサーリンク

 

全国には1000以上の回復期リハビリ病院があり、病床数は77000床を超えています。(H28年3月時点)

周辺に回復期病院の候補がいくつもある場合、どのようにして選んだらいいのか悩みますよね。

 

そこで、今回は

岡山県でオススメの回復期リハビリテーション病院

をピックアップしてみました。

 

岡山リハビリテーション病院

住所:岡山市中区倉田503-1

病床数:129床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均6.5単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション科医師:5名

リハビリスタッフ:90名

年間患者数:全体の6割以上が脳卒中患者

在宅復帰率:73%

平均在院日数:約80日

  • 県内一の病床数、スタッフ数を誇る。
  • 回復期から維持期のリハビリテーションを行っており、入院時から外来・訪問リハビリテーションまで、幅広くリハビリテーションサービスを提供している。
  • 病棟でのリハビリに対応できる広いスペース(病室・廊下等)があり、外には屋外歩行訓練用のスペースもある。
  • 完全マンツーマンのリハビリ体制を取っており、患者のニーズに合わせた治療、練習を行っている。
  • 脳卒中患者の割合も多いため脳卒中のリハに精通したスタッフが在籍している。

病院公式ホームページはコチラ

 

倉敷リハビリテーション病院

住所:倉敷市笹沖21

病床数:98床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均6単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:3名

リハビリスタッフ:51名

年間患者数:全体の約半数が脳卒中患者

平均在院日数:約80日

  • 高度なリハビリテーションの提供に必須のリハビリテーション科専門医、脳神経外科専門医、脳卒中専門医、神経内科専門医、整形外科専門医、内科認定医による「リハビリテーションに特化した専門医集団」を構成している。この専門医集団によるリハビリテーションの実践が最大の強みだ。
  • 急性期病院から紹介を受けたらできるだけ早く入院させ、可能な限り入院当日からリハビリを開始できるよう努めている。
  • 全室無線LAN対応であり、お部屋で快適にインターネットを利用できる。
  • 屋外歩行用の歩道コース「倉リハ小道」が設けられている。

病院公式ホームページはコチラ

 

しげい病院

住所:倉敷市幸町2-30

病床数:94床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均6.5単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:6名

リハビリスタッフ:88名(回復期以外も含む)

年間患者数:全体の約半数が脳卒中患者

在宅復帰率:75%

平均在院日数:約90日

  • 脳卒中後遺症である片麻痺の回復を促進する促通反復療法(川平法)を取り入れている。麻痺を治すための機能訓練を積極的に行ってもらえる。
  • 透析患者でも入院してリハビリができる病院。リハビリ時間に合わせて透析時間を変更したり透析中にもリハビリなども行っている。
  • 法人内で通所リハや訪問リハも行っており退院後のフォローも充実している。
  • パワーリハビリテーションを実践するための様々な機器が揃っている。

パワーリハビリテーションとは、動けない人、あるいは動く能力の低い人を活発に動けるようにするというのがコンセプトとなっている。軽い負荷で反復運動を行う。マシンは通常のフィットネスクラブのものとは異なり、非常に軽い負荷から少しずつ増やしていくことができ、患者が楽な姿勢でトレーニングできるようになっている。

病院公式ホームページはコチラ

 

倉敷平成病院

住所:倉敷市老松町4丁目3-38

病床数:91床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

リハビリテーション専門医:2名

リハビリスタッフ:50名

  • 最先端の歩行訓練として、ロボットスーツHAL(ハル:Hybrid Assistive Limb)を導入している。
  • 電気刺激を用いたリハビリ機器も充実しており、IVES(随意運動介助型電気刺激装置)を用いた運動麻痺への機能訓練も魅力的だ。
  • 法人内には急性期や維持期の病棟もあり、訪問リハや通所リハも併設しているため退院後のフォローアップも充実している。

病院公式ホームページはコチラ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には倉敷リハビリテーション病院がオススメです。リハビリに特化した専門医の集団は非常に心強いです。特に脳卒中患者にとっては良い環境と言えるでしょう。

あと、
しげい病院も川平法を実践しているのでオススメですかね。岡山県では唯一川平法を実践している病院なので気になる方は是非問い合わせてみてください。

他にもオススメの最新情報が入り次第、どんどん更新していきたいと思います!

お見逃しなく。