脳梗塞や脳出血になったら..

福岡でオススメの

回復期リハビリ病院はどこ?


スポンサーリンク


◯◯でリハビリするならどこの病院が良いの?
(◯◯:地域の名前)

当サイト宛のメールでよく聞かれる質問です。

やはり

質の高いリハビリを受けたいのなら、回復期リハビリテーション病院に入院するべきです。

回復期リハビリ病院では量も質も充実したリハビリを受けることができます。

▶︎ 回復期病院に転院できる条件とは?
▶︎ 
より良い回復期病院を選ぶポイントとは?

 


スポンサーリンク

 

全国には1000以上の回復期リハビリ病院があり、病床数は7万床を超えています。(H27年3月時点)

周辺に回復期病院の候補がいくつもある場合、どのようにして選んだらいいのか悩みますよね。

 

そこで、今回は

福岡オススメの回復期リハビリテーション病院

をピックアップしてみました。

 

誠愛リハビリテーション病院

誠愛リハビリテーション病院

住所:大野城市南大利2丁目7-2

病床数:170床(4病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

リハビリテーション専門医:10名

リハビリスタッフ:150名

西日本屈指のリハビリスタッフ数を誇る。対象の多くは、脳卒中や脳性麻痺患者である。成人から小児まで幅広く対応している。法人内で通所リハや訪問リハも展開している。

この病院の一番の特徴は神経科学を背景としたボバースアプローチである。国際インストラクター3名の指導のもと、患者の機能回復を最大限に生かすために神経リハビリテーションを行っている。(ボバースアプローチで著名な渕雅子先生も在籍している)また、治療だけでなく研究や教育にも積極的に取り組み、先進的なリハビリテーションを提供している。

病院公式ホームページはコチラ

 

小倉リハビリテーション病院

小倉リハビリテーション病院

住所:北九州市小倉北区篠崎1-5-1

病床数:158床(4病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:患者の体調に合わせ最高で9単位のリハビリを毎日提供する体制をとっている。(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:12名

リハビリスタッフ:142名

年間患者割合:入院患者の60%以上が脳卒中患者

在宅復帰率:80%以上

平均在院日数:年間患者の50%以上が90日以内に退院

前述した誠愛リハに負けず劣らず、西日本屈指の病床数・リハスタッフ数を誇る。入院患者の6割が脳卒中患者であり、その8割以上を自宅復帰へ導く。脳卒中リハのプロフェッショナルが集う病院といっても過言ではない。その裏付けとして、退院約1ヶ月前には在宅訪問をおこない、安全な生活を送るための援助をしている。

病院公式ホームページはコチラ

 

福岡みらい病院

福岡みらい病院

住所:福岡市東区香椎照葉3丁目5番1号

病床数:146床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

リハビリテーション専門医:8名

リハビリスタッフ:88名

ロボットリハなどの先進リハビリテーションを展開している。トヨタ自動車の開発した「歩行練習アシスト」ロボットを導入し、合同研究に参加して臨床応用している。他にもトヨタ自動車・藤田保健衛生大学病院と共同開発した「バランス練習アシスト」ロボットも導入している。

病院公式ホームページはコチラ

 

柳川リハビリテーション病院

柳川リハビリテーション病院

住所:柳川市大字上宮永町西本田113番地2

病床数:120床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:不明

リハビリテーション専門医:6名

リハビリスタッフ:100名

病床数に対してリハスタッフ数が多い。1日のリハビリ時間も多いことが予想される。整形外科の医師も多く、整形疾患を既往に持つ脳卒中患者でも安心してリハビリに臨める。

病院公式ホームページはコチラ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

福岡には70もの回復期リハビリ病院が存在します。ここに挙げた病院以外にも良い病院はきっとあるはずです。

オススメの最新情報が入り次第、どんどん更新していきたいと思います!

お見逃しなく。