脳梗塞や脳出血になったら..

愛媛でオススメの

回復期リハビリ病院はどこ?


スポンサーリンク


◯◯でリハビリするならどこの病院が良いの?
(◯◯:地域の名前)

当サイト宛のメールでよく聞かれる質問です。

やはり

質の高いリハビリを受けたいのなら、回復期リハビリテーション病院に入院するべきです。

回復期リハビリ病院では量も質も充実したリハビリを受けることができます。

▶︎ 回復期病院に転院できる条件とは?
▶︎ より良い回復期病院を選ぶポイントとは?

 


スポンサーリンク

 

全国には1000以上の回復期リハビリ病院があり、病床数は77000床を超えています。(H28年3月時点)

周辺に回復期病院の候補がいくつもある場合、どのようにして選んだらいいのか悩みますよね。

そこで、今回は

愛媛県オススメの回復期リハビリテーション病院

をピックアップしてみました。

 

松山リハビリテーション病院

住所:松山市高井町1211

病床数:160床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.8単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション科医師:9名

リハビリスタッフ:140名(一般病棟も含む)

年間患者数:入院患者の5割が脳卒中患者

在宅復帰率:約70%

平均在院日数:約100日

  • 吊り下げ式免荷歩行機器を用いることで重度麻痺患者でも早期から歩行訓練が可能。また傾斜機能付きのトレッドミルを併用して定量的な歩行訓練も可能だ。
  • 運動麻痺への介入としてPASシステムなどの電気刺激装置を用いた機能訓練も積極的に行っている。
  • プールでの運動浴では関節の負担を軽減しながら効果的な運動を行うことができる。リラクゼーション効果も期待できる。
  • 作業療法室内には2階建てのモデルルームがあり、自宅を想定した実践的な訓練が可能。
  • 言語療法科は四国で最も歴史が長く、ベテランの言語聴覚士から中堅の言語聴覚士まで幅広い年齢層のスタッフが揃っており、層は厚く充実している。

病院公式ホームページはコチラ

 

伊予病院

住所:伊予市八倉906-5

病床数:218床(4病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均8.7単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション科医師:14名

リハビリスタッフ:150名

年間患者数:入院患者の7割が脳卒中患者

在宅復帰率:約70

平均在院日数:約100日

  • 県内最大級の病床数、スタッフ数を誇る。1日のリハビリ時間も極めて多い。
  • スタッフの中には各種資格をもつ有能な人材が多く在籍。質の高いリハビリが保証されている。
  • 脳卒中のリハビリテーションに力を入れており、その中心的な手技として促通反復療法(川平法)を導入している。IVES(随意運動介助型電気刺激装置)を用いて運動麻痺への積極的な介入を行なっている。
  • ウォークエイド免荷式リフトPOPO®を導入しており、質の高い歩行訓練が行える。
  • 退院後に「運転したい」という脳卒中患者のニードにこたえるため、ドライビングシミュレーターを導入し、自動車運転の再開を支援するよう取り組んでいる。

病院公式ホームページはコチラ

 

真網代くじらリハビリテーション病院

住所:八幡浜市真網代甲229番地5

病床数:120床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

年間患者数:入院患者の4割が脳卒中患者

在宅復帰率:約82%

平均在院日数:約110日

「宇和海」とみかんの段々畑に囲まれた、抜群の自然環境にある。美しい海沿いを歩いたり、リハビリの庭で坂道や芝生やレンガ道での歩行訓練も行なっている。

病院公式ホームページはコチラ

 

おおぞら病院(旧吉田病院)

住所:松山市六軒家町4-20

病床数:60床(1病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.8単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション専門医:1名

リハビリスタッフ:63名(一般病棟も含む)

年間患者数:入院患者の6割が脳卒中患者

在宅復帰率:約80%

平均在院日数:約65日

  • 病床数に対してリハスタッフ数が多い。1日のリハビリ時間も多く、在宅復帰率も高い。
  • 言語聴覚士が11名と非常に多く、嚥下障害の検査や失語症へのリハビリ、看護師を中心とした口腔ケアなどにも力を入れている。
  • 脳卒中後遺症である片麻痺の回復を促進する促通反復療法(川平法)を取り入れている。麻痺を治すための機能訓練を積極的に行ってもらえる。
  • 様々な疾患に対応するため、リハビリテーション専門医・総合内科専門医・脳神経内科専門医・整形外科専門医・糖尿病専門医など、各分野の専門医による診療が受けられる。
  • 「入院デイケア」という取り組みがあり、リハビリ以外の時間も、ベッドで休むだけではなく、日中は食堂でレクリエーションや作業活動など様々な活動を行っている。

病院公式ホームページはコチラ

 

HITO病院

住所:四国中央市上分町788-1

病床数:50床(1病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

  • 脳卒中センターには脳神経外科、神経内科の医師が在籍。最新機器で治療にあたっている。脳卒中患者が入院するにはこれ以上ない環境と言える。
  • 最先端の歩行訓練として、ロボットスーツHAL(ハル:Hybrid Assistive Limb)を導入している。単関節型を用いての運動麻痺への介入や両脚型を用いた歩行訓練などを行なっている。

病院公式ホームページはコチラ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には伊予病院がオススメです。病床数、スタッフ数は全国トップクラス。スタッフ層の厚さだけでなく最新の設備やリハビリ機器も備えています。川平法による運動麻痺への介入も魅力的です。

他にもオススメの最新情報が入り次第、どんどん更新していきたいと思います!

お見逃しなく。