脳梗塞や脳出血になったら..

山口でオススメの

回復期リハビリ病院はどこ?


スポンサーリンク


◯◯でリハビリするならどこの病院が良いの?
(◯◯:地域の名前)

当サイト宛のメールでよく聞かれる質問です。

 

やはり

質の高いリハビリを受けたいのなら、回復期リハビリテーション病院に入院するべきです。

回復期リハビリ病院では量も質も充実したリハビリを受けることができます。

▶︎ 回復期病院に転院できる条件とは?
▶︎ より良い回復期病院を選ぶポイントとは?

 


スポンサーリンク

 

全国には1000以上の回復期リハビリ病院があり、病床数は77000床を超えています。(H28年3月時点)

周辺に回復期病院の候補がいくつもある場合、どのようにして選んだらいいのか悩みますよね。

 

そこで、今回は

山口県でオススメの回復期リハビリテーション病院

をピックアップしてみました。

 

下関リハビリテーション病院

住所:下関市今浦町9-6

病床数:165床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均8.3単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション科医師:6名

リハビリスタッフ:137

在宅復帰率:約85%

  • 大手法人「巨樹の会」が手がける病院。病床数、スタッフ数の多さは県内随一。
  • 1日のリハビリ時間が多く、高い在宅復帰率を実現。
  • 開放的な大浴場と露天風呂は魅力的だ。リハビリで疲れた身体を入浴でリフレッシュできること間違いなし。
  • 現在注目されているパワーリハビリを実践しており、訓練室には多種多様の最新トレーニング機器が並ぶ。
  • 毎日決った時刻に体操を行うなど、他職種との連携によって寝ている時間の短縮と運動習慣の獲得を図っている。
  • 訪問リハビリテーションを併設し、退院後のフォローアップも充実している。
  • 入院時は看護師付き添いで送迎をしてもらえるサービスがある。交通の便が悪かったり、荷物が多い方も安心だ。

病院公式ホームページはコチラ

 

山口リハビリテーション病院

住所:山口市大字黒川3380

病床数:124床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均8単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション専門医:2名

リハビリスタッフ:71名

年間患者数:全体の半数以上が脳卒中患者

在宅復帰率:約70%

平均在院日数:約100日

  • 病床数、スタッフ数も多く1日のリハビリ時間も多い。
  • 全国的にも数少ない自動車操作訓練シュミレーション施設屋外自動車運転訓練コース等を併設している。実際に改造車を運転することができ、患者の障害に合わせて部品も交換可能。
  • 最新の歩行機器である歩行リハビリ支援ツール「Tree」を用いることで、効果的な歩行訓練を行うことができる。その他さまざまな歩行計測機器がある。
  • マイオチューニングアプローチ(筋肉を調整して、痛みや運動麻痺を改善させる徒手療法)を実践している。運動療法の一つとして、痛みの治療や麻痺筋の機能回復を目的として積極的に行っている。
  • 運動麻痺への介入としてPASシステムなどの電気刺激装置を用いた機能訓練も積極的に行っている。
  • 法人内で通所リハ、訪問リハ、介護老人保健施設、ショートステイなどを併設しており退院後のフォローも充実している。

病院公式ホームページはコチラ

 

宇部西リハビリテーション病院

住所:宇部市大字沖ノ旦797

病床数:81床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.3単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション科医師:2名

リハビリスタッフ:51名

平均在院日数:約90日

今話題のロボットスーツHAL(ハル:Hybrid Assistive Limb)を導入し、最先端の歩行訓練を行っている。

病院公式ホームページはコチラ

 

徳山リハビリテーション病院

住所:周南市大字徳山626番地

病床数:120床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均8単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション専門医:1名

  • 病棟内でリハビリが行えるように、各フロアにリハビリスペースを設置している。リハビリスペースは開放的な空間で医師や看護師、療法士などスタッフの監視下で自主訓練に励むことができる。
  • 屋外リハビリスペースでは屋外歩行を想定した歩行訓練ができる。
  • 懸垂装置を用いたトレッドミル歩行にて早期からの歩行練習も可能。
  • リハビリハウスと称した2LDKの模擬ハウスがあり、敢えて段差などの障害だらけの家での生活を体験できる。ここである程度問題なく生活できれば自宅復帰への自信につながりそうだ。
  • リハビリスタッフには有資格者が多数在籍している。

病院公式ホームページはコチラ

 

光風園病院

住所:下関市長府才川2-21-2

病床数:58床(1病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.6単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション科医師:2名

リハビリスタッフ:60名(一般病棟も含む)

年間患者数:全体の約55%が脳卒中患者

在宅復帰率:約80%

平均在院日数:約90日

  • 平成26年に回復期リハビリテーション病棟および訓練室を新築。
  • 脳卒中患者の割合も多く、高い在宅復帰率を誇る。
  • 法人内に通所リハ、訪問リハも併設しており、退院後のフォローも充実している。
  • 病棟に看護師、ケアワーカーを基準より手厚く配置し、良質なケアを提供している。

病院公式ホームページはコチラ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には下関リハビリテーション病院がオススメです。「巨樹の会」が手がける病院だけあって、病床数、スタッフ数の多さは圧倒的です。1日のリハビリ時間も多く、高い在宅復帰率を実現しています。

他にもオススメの最新情報が入り次第、どんどん更新していきたいと思います!

お見逃しなく。