脳梗塞や脳出血になったら..

滋賀でオススメの

回復期リハビリ病院はどこ?


スポンサーリンク


◯◯でリハビリするならどこの病院が良いの?
(◯◯:地域の名前)

当サイト宛のメールでよく聞かれる質問です。

やはり

質の高いリハビリを受けたいのなら、回復期リハビリテーション病院に入院するべきです。

回復期リハビリ病院では量も質も充実したリハビリを受けることができます。

▶︎ 回復期病院に転院できる条件とは?
▶︎ より良い回復期病院を選ぶポイントとは?

 


スポンサーリンク

 

全国には1000以上の回復期リハビリ病院があり、病床数は約77000床になりました。(H28年3月時点)

周辺に回復期病院の候補がいくつもある場合、どのようにして選んだらいいのか悩みますよね。

そこで、今回は

滋賀県でオススメの回復期リハビリテーション病院

をピックアップしてみました。

 

琵琶湖中央病院

住所:大津市御殿浜22-33

病床数:130床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション科医師:3名

リハビリスタッフ:117名

在宅復帰率:87%

  • 県内随一の病床数、スタッフ数を誇る。
  • 療養病棟も50床併設している。法人内で通所リハ、訪問リハも展開。
  • 大津赤十字病院、大津市民病院、滋賀医科大などの神経内科・脳神経外科急性期病院と連携し、発症後1週間の亜急性期から1カ月を過ぎた慢性期まで、広く受け入れを行っている。
  • 1人の患者に3〜4名の療法士が担当する「複数担当制」をとることで訓練内容や方法が標準化され、主の担当者が不在の場合でも、同様のリハビリテーションが提供できる体制となっている。

病院公式ホームページはコチラ

 

甲西リハビリ病院

住所:湖南市夏見1168番地

病床数:100床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均8単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション科医師:1名

リハビリスタッフ:62名

在宅復帰率:約70%

平均在院日数:約85日

  • 県内トップクラスのスタッフ数
  • 筋電制御電気刺激装置(通称IVESアイビス)を使用して麻痺した手足の積極的な機能訓練を行っている。
  • 看護部のリハビリに対する協力体制が強く、生活リハビリの概念がスタッフ1人1人に浸透している。

病院公式ホームページはコチラ

 

市立長浜病院

住所:長浜市大戌亥町313

病床数:52床(1病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間: 平均6.5単位(1単位:20分 最大9単位)

リハビリテーション専門医:2名

リハビリスタッフ:41名

年間患者数:全体の約半数が脳卒中患者

在宅復帰率:約80%

平均在院日数:約65日

  • 県下初の脳卒中ケアユニット3床を有し、急性期からシームレスなリハビリを行っている。
  • 近年のリハビリテーション医学で注目されている経皮的電気刺激療法や経頭蓋直流電気刺激などを脳神経外科医と協力し、リハビリテーションの一環として積極的に取り入れている。
  • スタッフには有資格者が多数

病院公式ホームページはコチラ

 

南草津病院

住所:草津市野路町5-2-39

病床数:77床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

リハビリスタッフ:55名

  • 退院に向けて担当療法士が自宅訪問をし、手すりや福祉用具の検討など在宅復帰のための環境設定を行う。最大2回の自宅訪問を実施している。
  • 法人内で訪問リハや通所リハも行っており、退院後のフォローも充実している。
  • 病院でボバースアプローチの研修を行っており、脳卒中リハに精通したスタッフが多数在籍している。

病院公式ホームページはコチラ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には琵琶湖中央病院がオススメです。県下一の病床数、スタッフ数、在宅復帰率は魅力的です。

他にもオススメの最新情報が入り次第、どんどん更新していきたいと思います!

お見逃しなく。