冬の露天風呂は危険!?

脳出血の起こりやすい季節・時間帯・場所についてご紹介します。

予防のためにも是非覚えておきましょう。


スポンサーリンク


脳出血の起こりやすい季節は?

ズバリ冬です。
厳密には11月〜3月頃

脳出血の原因は主に高血圧です。
冬の低い外気温に対し、
血管をキュッと縮めることで体温の低下を防ぎます。

血管が収縮することで血圧は上昇し脳出血のリスクを増大させます。

 

起こりやすい時間帯は?

日中の活動している時間帯に多いです。
脳梗塞とは正反対です。▶︎ 脳梗塞はいつ起こりやすい?

成人男性の発症データより、
月曜から土曜に多い傾向にあるとのこと。

要するに、
就労している中高年は基本的に日中勤務のため、必然的に勤務中の発症リスクが高くなります。

また、
勤務中における

  • 慌ただしさ
  • ストレス
  • 力仕事

などの影響でも血圧が上がり、
脳出血を起こすリスクが高まります。


スポンサーリンク

起こりやすい場所は?

  • 職場、外出先
  • 風呂場または脱衣所
  • 玄関先
  • トイレ

職場

前項で述べたとおり、日中の時間帯はほとんど職場にいることが多いですから職場や外出先での発症リスクは高くなります。

また、
温度差の大きい職場環境では要注意です。
急激に気温が下がることで血圧は上昇しやすくなります。冬の時期に事務所と外の現場を行き来するときにはしっかりと防寒対策をしておきましょう。

風呂場・脱衣所・玄関先

風呂場、脱衣所、玄関先は自宅の中でも気温の低い場所になります。古い造りのお家の脱衣所は特に寒いですよね。

トイレ

排便するときにトイレで息をこらえて踏ん張ると血圧は急上昇します。そしてトイレも寒いことが多いです。

トイレでの脳出血も意外と多いんです。

 

まとめです。

  • 寒くて血圧が上がることで脳出血のリスクは高くなる。
  • よって冬(11月〜3月頃)に多い。
  • 日中の勤務中に多い。
  • 踏ん張ったり息をこらえる動作は血圧を急上昇させるので注意!
  • 冬の温度差の環境に注意!

冬の時期の脳出血を予防するには
防寒(外出時の厚着、脱衣所や浴室の暖房)が最重要です。

また、
仕事の忙しさやストレスでついつい生活習慣は乱れがち。

高血圧対策のためにも生活習慣の改善は重要です。
▶︎ 継続できる手軽な有酸素運動で高血圧対策
▶︎ 7つの手軽にできる塩分制限で高血圧対策

 

以上、参考になれば幸いです。

でわ。