脳梗塞や脳出血になったら..

熊本でオススメの

回復期リハビリ病院はどこ?


スポンサーリンク


◯◯でリハビリするならどこの病院が良いの?
(◯◯:地域の名前)

当サイト宛のメールでよく聞かれる質問です。

やはり

質の高いリハビリを受けたいのなら、回復期リハビリテーション病院に入院するべきです。

回復期リハビリ病院では量も質も充実したリハビリを受けることができます。

▶︎ 回復期病院に転院できる条件とは?
▶︎ より良い回復期病院を選ぶポイントとは?

 


スポンサーリンク

 

全国には1000以上の回復期リハビリ病院があり、病床数は77000床を超えています。(H28年3月時点)

周辺に回復期病院の候補がいくつもある場合、どのようにして選んだらいいのか悩みますよね。

そこで、今回は

熊本県オススメの回復期リハビリテーション病院

をピックアップしてみました。

 

熊本リハビリテーション病院

住所:菊池郡菊陽町曲手760

病床数:135床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.9単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション科医師:6名

リハビリスタッフ:163名(一般病棟も含む)

在宅復帰率:約85

平均在院日数:約90日

  • 病床数、スタッフ数、1日のリハビリ時間は県内一。在宅復帰率も高い。
  • 集団起立訓練を午前(120回)と午後(120回)に行なうことで日常生活の自立度向上を図っている。
  • 脳卒中のリハビリテーションに力を入れており、その中心的な手技として促通反復療法(川平法)を導入している。また免荷式リフトPOPO®Honda歩行アシストなど、脳卒中患者の歩行訓練に大変有益となる機器が充実している。
  • 運動麻痺への介入として手や足に使用するNESSなどの電気刺激装置を用いた機能訓練も積極的に行っている。
  • 下肢装具を用いた早期歩行訓練は脳卒中治療ガイドラインでも勧められており、ここの病院では全16種類もの装具から最適な装具を選定している。
  • 臨床心理士が3名在籍しており、高次脳機能障害患者を対象に、神経心理学的評価、機能訓練や代償手段の習得訓練などのリハビリテーション、心理的支援、家族支援、関連機関との連携による就労・就学支援などを行っている。
  • 法人内で老健などの施設や通所リハ、訪問リハを展開しており、退院後のフォローも充実している。

病院公式ホームページはコチラ

 

熊本機能病院

住所:熊本市北区山室6-8-1

病床数:125床(3病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.8単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション専門医:10名

リハビリスタッフ:147名(一般病棟も含む)

年間患者数:入院患者の8割が脳卒中患者

在宅復帰率:約85%

平均在院日数:約70日

  • 病床数、スタッフ数、1日のリハビリ時間は県内トップクラス。特にリハビリ科の医師の数は群を抜いている。
  • 脳卒中患者の割合も多く、脳卒中リハのスペシャリスト達が集う病院。在宅復帰率も高い。

病院公式ホームページはコチラ

 

熊本託麻台リハビリテーション病院

住所:熊本市帯山8丁目2-1

病床数:94床(2病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション科医師:5名

リハビリスタッフ:110名(一般病棟も含む)

年間患者数:入院患者の6割が脳卒中患者

在宅復帰率:約80%

平均在院日数:約90日

  • 病床数、スタッフ数、1日のリハビリ時間は県内トップクラス。
  • 脳卒中患者の割合も多く、脳卒中リハのスペシャリスト達が集う病院。在宅復帰率も高い。
  • スタッフの中には有資格者も多く、学会報告なども積極的に行なっている。

病院公式ホームページはコチラ

 

江南病院

住所:熊本市中央区渡鹿5-1-37

病床数:40床(1病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.5単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション科医師:1名

リハビリスタッフ:58名(一般病棟も含む)

在宅復帰率:約70%

平均在院日数:約100日

  • 病床数に対してスタッフ数が多く、1日のリハビリ時間も多い。
  • スタッフの中には有資格者も多く、学会報告なども積極的に行なっている。

病院公式ホームページはコチラ

 

にしくまもと病院

住所:熊本市南区富合町古関1012番地

病床数:36床(1病棟)

365日体制で毎日リハビリを実施

1日のリハビリ時間:平均7.2単位(1単位:20分 最大9単位)

回復期リハビリテーション病棟入院料:入院料1

リハビリテーション科医師:1名

リハビリスタッフ:61名(一般病棟も含む)

年間患者数:入院患者の6割が脳卒中患者

在宅復帰率:約70%

平均在院日数:約90日

  • 病床数に対してスタッフ数が多く、1日のリハビリ時間も多い。
  • 脳卒中患者の割合も多く、脳卒中リハのスペシャリスト達が集う病院。
  • 病棟にもリハビリコーナーを設けることで、自主訓練の充実やリハビリ室に来れない重症患者も早期からリハビリが可能となっている。
  • ここの病院は義肢装具士が常勤しており、装具完成までの時間が短縮でき、調整や修理にも迅速に対応してもらえる。 
  • 法人内で通所リハ、訪問リハを展開しており、退院後のフォローも充実している。

病院公式ホームページはコチラ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的には熊本リハビリテーション病院がオススメです。病床数、スタッフ数、設備、病棟での取り組みなど、どれを取っても全国トップクラスです。川平法やNESSなど脳卒中に特化したリハビリを受けることができます。

他にもオススメの最新情報が入り次第、どんどん更新していきたいと思います!

お見逃しなく。